JA三重厚生連について

JA三重厚生連は、医療・保健・福祉活動を通じて、
組合員と地域住民の皆さまが、

安心して健やかに暮らせる地域づくりに貢献していきます。

 

 

 

 

 

組織について

JA三重厚生連とは、「三重県厚生農業協同組合連合会」の略称です。JA三重厚生連は、三重県内の各農業協同組合(JAという)が実施する各種事業のうち、医療・保健及び老人の福祉に関する事業を専門的に行うための協同組織として、「農業協同組合法」に基づいて三重県内のJAの出資により昭和23年8月に設立されました。
組合員を初めとして広く地域住民の命と健康を守るため、現在県内6つの病院と診療所(病床数1795床)・老健(入所定員29名)を拠点として、医療事業等を展開しています。厚生連の病院・診療所は地方公共団体の開設する病院等と同様に、「医療法」に定める「公的医療機関」となっております。

文字通り、社会的な責務を担いながら営利を目的とせず、「医療・保健・福祉活動を通じて、地域づくりに貢献する」ことが全体の基本理念です。

事業について

農協法第10条

1項11号
「医療に関する施設」と簡潔に表現され、同項15号では、「前各号の事業に附帯する事業」とも規定し、事業の具体的な範囲は定款で定めることが義務づけられています。
定款第2条
この会は、次の事業を行う。
 1. 医療に関する事業
 2. 保健に関する事業
 3. 老人の福祉に関する事業
 4. 前各号の事業に附帯する事業
規約第35条
1.医療に関する事業の附帯事業
 ①  医学の調査研究
 ②  看護師等の養成支援
 ③  患者のための生活用品等の供給
 ④  患者のための車両運行
 ⑤  保険薬剤薬局
2.保健に関する事業の附帯事業
 ①  医薬品等の供給
 ②  保健に関する調査・教育及び情報の提供
3.老人の福祉に関する事業の附帯事業
 ①  利用者のための生活用品等の供給
 ②  老人の福祉に関す調査、教育及び情報の提供
JA三重厚生連の事業
出資金・資本金 247,561口、
618,903千円
会員数 農協12・専門農協1・連合会3  
計16
事業

1.医療に関する事業
  病院と診療所の経営 県下6病院1診療所

2.保健に関する事業
  健康管理事業として、健康教育、健康相談及び
  巡回検診、施設内検診、人間ドック

3.老人の福祉に関する事業
  介護保険事業等の運営

法人格 農協は、営利法人でもなく、非営利法人でもない中間法人であるが、厚生連は、昭和60年より公益法人として認められ、非課税法人となった。
沿革
昭和23年8月 三重県文化厚生農業協同組合連合会として発足。
  会員数  201組合
  出資金  541千円
  施 設  中勢病院・紀勢病院・一身田診療所・波切診療所の4施設を以って発足
昭和24年8月 一身田・波切診療所を閉鎖
昭和25年5月 菰野厚生病院を新設開院
昭和26年8月 公的医療機関指定
昭和26年12月 指導事業を分離、三重県厚生農業協同組合連合会となる。
昭和27年7月 日本農村医学会創立
昭和28年10月 員弁厚生病院を新設開院
昭和29年4月 厚生連准看護婦学校開設(紀勢病院・中勢病院)
昭和31年11月 大台厚生病院を新設開院
昭和32年7月 南島病院を鵜倉農協より譲り受け、開院
昭和34年9月 紀勢病院を尾鷲市へ譲渡
昭和36年7月 中央病院を新設開院
昭和37年7月 中央病院を中央総合病院に名称変更
昭和38年12月 飯高病院を飯高町より譲り受け飯高病院を開院
昭和39年9月 中勢病院の名称を中勢総合病院に変更
昭和40年1月 鈴鹿日赤病院を譲り受け、鈴鹿厚生病院を開院
昭和43年4月 厚生連高等看護学校を開校
昭和43年9月 三重医療薬品株式会社設立
昭和45年9月 飯高病院廃止
昭和52年6月 中央総合病院の名称を松阪中央総合病院に変更
昭和56年4月 厚生連高等看護学院第1看護科(3年制)開校
昭和57年3月 厚生連准看護学校を廃止
昭和57年4月 厚生連高等看護学院を厚生連看護専門学校に変更
昭和58年3月 厚生連看護専門学校第2看護科廃止
昭和59年2月 厚生連法人税非課税措置承認
平成5年5月 中勢総合病院から鈴鹿中央総合病院に名称変更
平成5年6月 鈴鹿中央総合病院竣工開院
平成6年9月 鈴鹿厚生病院デイケアセンター開設
平成7年4月 鈴鹿中央総合病院在宅介護支援センター開設
平成8年4月 菰野厚生病院在宅介護支援センター開設
平成9年2月 鈴鹿中央総合病院北勢地域災害拠点病院認定
平成9年4月 松阪中央総合病院竣工開院
平成9年4月 松阪中央総合病院在宅介護支援センター開設
平成9年10月 鈴鹿中央総合病院日本医療機能評価認定病院
平成10年4月 鈴鹿中央総合病院訪問看護ステーション開設
平成10年8月 菰野厚生病院訪問看護ステーション開設
平成10年11月 松阪中央総合病院訪問看護ステーション開設
平成11年4月 員弁厚生病院訪問看護ステーション開設
大台厚生病院訪問看護ステーション開設
平成11年8月 松阪中央総合病院 居宅介護支援事業者指定
鈴鹿中央総合病院 居宅介護支援事業者指定
菰野厚生病院 居宅介護支援事業者指定
平成11年9月 員弁厚生病院 居宅介護支援事業者指定
平成11年10月 大台厚生病院 居宅介護支援事業者指定
南島病院 居宅介護支援事業者指定
菰野厚生病院療養型病床43床導入
平成11年11月 員弁厚生病院療養型病床50床導入
平成12年1月 松阪中央総合病院 日本医療機能評価機構認定病院
平成12年4月 南島病院訪問看護ステーション開設
平成14年9月 いなべ総合病院竣工開院
平成14年10月 鈴鹿厚生病院新築工事着工
平成15年3月 鈴鹿中央総合病院 医療機能評価再認定
平成15年4月 鈴鹿厚生病院管理棟工事完成
平成15年5月 鈴鹿厚生病院訪問看護ステーション開設
平成15年6月 菰野厚生病院 総合リハビリテーション施設開設
平成15年8月 鈴鹿厚生病院西病棟完成
松阪中央総合病院MRI増設
平成15年9月 大台厚生病院透析室増築
平成15年10月 鈴鹿中央総合病院 健診センター新築工事他増築工事着工
平成16年3月 松阪中央総合病院 地域医療支援病院認定
鈴鹿中央総合病院 地域医療支援病院認定
鈴鹿中央総合病院 健診センター新築工事他増築工事完成
平成16年11月 鈴鹿厚生病院全面改築
平成17年8月 菰野厚生病院 回復期リハビリテーション病棟完成
平成19年3月 松阪中央総合病院 化学療法センター完成
鈴鹿中央総合病院 ヘリポート完成
平成19年7月 いなべ総合病院 医療機能評価認定
平成19年12月 いなべ総合病院 災害拠点病院指定
平成20年11月 南島メディカルセンター(南島病院より名称変更)有床診療所(15床)、介護老人保健施設(29床)へ転換
平成24年2月 松阪中央総合病院 災害拠点病院指定
平成24年3月 南伊勢町公設民営・指定管理者制度による南島メディカルセンター新築移転
平成24年3月 菰野厚生病院 病棟増築工事完成
平成27年3月 大台厚生病院新築移転
平成29年3月 三重県厚生連看護専門学校閉校
平成29年4月 菰野厚生病院から「三重北医療センター菰野厚生病院」、いなべ総合病院から「三重北医療センターいなべ総合病院」に病院名を変更

 

トップ