臨床研修医募集案内

後期臨床研修について
後期臨床研修医募集要項
■目的
  • 2年間の初期臨床研修を修了した後に、更に専攻する診療科において一層研鑽を積み、専門的な診療能力を身につけたエキスパート医師の育成を図り、各領域における認定医、専門医の資格取得への道を拓く。
  • 「地域住民が安心して健やかに暮らせる地域づくり」という厚生連の理念に沿って、地域医療を担う医師の確保をはかる。
■応募資格及び採用の条件
初期臨床研修を修了(予定)の医師または医師免許取得後3年目以降の医師。原則として公募採用、面接等により基幹型病院の選考基準で採用の可否を決める。
■設置コースと定員
◇松阪中央総合病院
後期臨床研修プログラム
pdf 224KB
若干名
・内科系・・・ 一般内科、循環器内科、消化器内科(胃腸科)、神経内科、血液内科、放射線科
・外科系・・・ 一般外科
◇鈴鹿中央総合病院
後期臨床研修プログラム
pdf 304KB
若干名
・内科系・・・ 一般内科、循環器内科、消化器内科、血液‐腫瘍内科
・外科系・・・ 一般外科、消化器外科


■研修期間

◇原則として3年間とする(ただし1年ごとに契約を更新する)

■待遇
厚生連研修医規程による(職員医師に準じる)。
■研修終了後の進路
◇成績優秀で指定の要件を満たしている場合、一定期間以上の本会病院勤務を条件として、
  国内の医療機関等への派遣が可能。また、一定期間内の海外留学等に
  ついても助成制度を設ける。
◇研修の終了後、正職員としての採用も可能。(ただし採用枠のある場合)
■応募方法と面接試験の日程
◇応募方法 願書pdf64KB(指定様式)と初期臨床研修修了(見込)証明書を各病院の臨床研修責任者宛に書留で郵送する(指導医推薦書の添付は自由)。
◇願書提出締切 未定(各病院臨床研修責任者へお問合せください)
◇選考面接 未定(各病院臨床研修責任者へお問合せください)

トップ